製缶加工の作業は多岐にわたります!

こんにちは!
福岡県遠賀郡に拠点を構え、工場などに関連する配管工事をはじめ、ステンレス溶接工事やタンク製缶工事を手かけている井上工業株式会社です。
「静観加工の作業ってどうやって進んでいくの?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、製缶加工の作業手順について詳しく解説します。
製缶加工の依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

製缶加工は8つの工程で完成する

ポイント
製缶加工は8種類の加工を施すことで、製品が完成します。
ここでは、製缶加工の主な作業工程について紹介します。

1.設計

まずは設計を行います。
お客様からいただいたご要望を元に製作図面を作成します。
時には、お客様からいただいた図面をもとに製品を加工することもあります。

2.切断加工

次に、設計図を元にして素材を切断します。
主に、レーザーやプレス機などを活用して部品をカットすることが多いです。
また、切断と同じタイミングで穴開け加工を施すこともあります。

3.曲げ加工

立体的な加工が必要になる場合は、曲げ加工を施します。
すべての部品をカットした後で、ベンダーなどの機械を活用して曲げ加工を施します。

4.溶接

部品のカットと曲げ加工が完了したら、溶接作業の工程です。
溶接作業は精密な加工が求められます。
適切な加工方法を用いることで、くっつけたようには感じられないほどきれいに仕上がることもあります。

5.穴あけ・タップ加工

次に、穴あけ加工やネジ穴をつけるタップ加工を施します。
溶接後にこれらの加工を施すことで、施工箇所をきれいに仕上げられます。

6.面取り加工

製品の引っ掛かりをなくすために面取り加工を行います。
また、立体的な造形が必要な場合はマシニングセンターやフライス版で加工を施すこともあります。

7.研磨・表面処理

製品の見た目を整えるために、研磨・表面処理加工を施します。
また、素材によってはメッキを施し金属面を隠すこともあります。

8.組み立て

組み立てる必要がある場合には、最後に組み立てていきます。
たとえば、機械を設置する架台を製作する場合には、最後にボルト・ナットなどを駆使して立体に仕上げていきます。

溶接・配管工事は井上工業株式会社まで!

握手
井上工業株式会社では、配管工事や溶接工事のお仕事をお受けしています。
私たちは配管工事のプロフェッショナルであり、配管工事や製缶についてのご相談は積極的にお受けしています。
お困り事がございましたら、ぜひ一度お問い合わせくださいませ!

【求人】配管工・溶接工を募集中!

弊社では、配管工や溶接工として活動してくれるスタッフの方を募集しています。
「手に職をつけたい」「これまでの経験をもっと活かしたい」とお考えの方は、ぜひ弊社までご応募いただければと思います。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

北九州市・宗像市など福岡県各地の溶接・配管工事は井上工業株式会社にお任せください!
ただいま配管工の求人・転職情報掲載中です!

〒811-4303 福岡県遠賀郡遠賀町大字今古賀159-1
電話:093-482-8466 FAX:093-482-8467
※営業・セールス目的の問い合わせはご遠慮願います。

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

エビ管・ダクト製作

エビ管・ダクト製作

集塵機ダクト、エビ管を製作しました。 1.組立・仮付け中 2.仮付け完了 3.溶接中を撮り忘れました …

実証プラント 建設工事

実証プラント 建設工事

実証プラント 建設工事 ここまで実証プラント建設工事の写真をご紹介してまいりましたが、いかがでしたか …

非破壊検査(RT)

非破壊検査(RT)

非破壊検査(RT) 80A STPG Sch40 BW部、30箇所の非破壊検査(RT)を行いました。 …

採用情報 お問い合わせ